金欠 おじんの除染日記です。俺だって、輝きたい!福島からの成功曲線なるか?

私は、理由あって福島の除染仕事をする事になりました。これから、やってみようかなと思っている人は、不安ですよね!私も不安でした。それで、私の日記風に書いた除染ブログを見ることで、あなたも、疑似体験が出来て、何かの判断の参考になれば、幸いです。私は、夕食後に、一人静かに、ボケ防止の為、このブログを書いてます。

*

15’09/15 土地家屋調査士試験あり

      2015/12/01

前日へ  ホーム   明日へ

土地家屋調査士との出会い

きのうは、バス運転中に、こすった。

そして、セルフスタンドの監視員の
アルバイトが、自分に向いていると
感じた。そんな、話をしました。

実は、当時、本職は、
葬祭関係の仕事をしていました。

なぜ 本職があるのに
アルバイトに精を出したか、、
それには、それなりの、理由があるのです。

約20年前、父の補助もあり
家を新築しました。

いろいろ、オプションをつけて
限度額いっぱいまで、住宅ローンを借りました。
もう金はありません。

家が出来上がりました。

そして、約2ケ月後、

なぜか?請求書がきました。
それは、家の表示の登記代14万円の請求書です。

私は、早速、測量事務所へ行き文句を言いました。

私「忘れた頃、請求書がきても、金はありません」
係「これは、法律で定められた費用ですので、払って下さい」
私「何の?費用ですか」
係「建物を新築した場合は、表示の登記をしないといけません
      その費用です。」
    「国家資格ですので、、、、」

係は、国家資格とか、法律で決められているとか
私の言葉じりととらえて、くやしかったら
あなた自身も、合格出来るものなら、合格してみなはれ。
そういう目をしていました。
私は、そう感じました。

その資格は、「土地家屋調査士」でした。

土地家屋調査士試験

私のプライドが目覚めました。
よっしゃ!合格したるわい。

請求代金を10万円にまけてもらい、
しかも月賦にして、もらいました。

いろいろ調べるが

日頃、思っていた事が、ありました。
還暦近くになったら、こじんまりとした
事務所を構え、

妻と何かの資格業で、自営の仕事を
楽しくやっていこうと、将来の事を
おぼろげながら、考えていました。

そんな折の「土地家屋調査士」の請求書です。

これもまた、何かの縁かもしれぬ。

資格を調べました。一番気に入ったのは、
公共の仕事は、黙っていても
月に10万円前後は、依頼がきそうだ
と本に書いてありました。

例えば、宅建免許あっても、営業しないと
だめでしょう。

そんな、ご時世に
営業なしでも、依頼がある。というのに
非常に魅力を感じました。

通信講座か学校がやはり
資格とるには、効率がよい。

東京法経学院、Lec、日建学院など
通信講座があります。

  ※今思えば、上記3つの講座受ける事になるとは
     この時は、思いませんでした。

しれが、また、高いのです。
30万円から40万円です。

生活費もあるので、私は、アルバイトして
学習代を捻出する事に、しました。

アルバイトは、いろいろしました。

ジレンマに悩む

アルバイトすると学習代は、
なんとか、稼げます。

しかし、じっくり勉強する時間が
ありません。

多少あっても、疲れて、寝てばかりです。

勉強は、しなくても、誰にも迷惑かけません。
しかし、アルバイトは、休んだりすると
他の人に迷惑が掛かります。

それで、やはり、体調を整えようとするのでしょう。

今年は、しゃないアルバイトが忙しかったのだ。
と言い訳ばかり、うまくなりました。

そうこうしている内に
5,6年経ちました。

何か、仕事しながら、勉強出来る
仕事ないかなと虫のいいことを
考えていました。

バスの送迎の仕事は、お客様が宴会や球技大会
している時は、待ち時間なので、勉強で出来るぞ
と思い、バス送迎運転手のアルバイトをやり始めたのです。

15’09/15
前日へ  ホーム   明日へ

スポンサードリンク
 


 - 日記